地域(荒川区)

ゴマカレーつけ麺 桃天花@三河島

Dsc_2131

テレビに出る、雑誌に載る
それはそれで店の知名度を上げることになるし

実際この店の場合は
それで生き返ったといってもいいかもしれない

じゃあそんな店がテレビや雑誌で見かけなくなったら
売れなくなった芸人のように

いやいや決してそんなことはなくて
しっかり地元に根付いてるし

続きを読む "ゴマカレーつけ麺 桃天花@三河島"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

醤油ラーメン 神名備@西日暮里

P1251389

かつてこの店名を冠したラーメンが一世を風靡した
なんていう過去形で語られてしまいがちな

そんな「神名備」を訪れてみれば

続きを読む "醤油ラーメン 神名備@西日暮里"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

つけ麺カレー らーめんこじろう526@日暮里

P1040472

雪谷大塚にあるこじろうの支店。

まずは普通のラーメンの味を見て、と思ったのだけど、
カレーがあまりにも気になるので。

続きを読む "つけ麺カレー らーめんこじろう526@日暮里"

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

大つけ麺博に登場!の前に 桃天花@三河島

P1000933

「桃天花」が「大つけ麺博」に登場!
六厘舎、TETSUといった”横綱”も出店してますが、
いわゆる濃厚豚骨魚介とは一線を画した
担々つけ麺の実力のほどを、
バッチリ見せつけていただきたいものです。

・・・その前に、三河島のお店へ。

P1000934

ごまカレーつけめん(780円)
このメニューは「大つけ麺博」にはありませんので。
ああ、やっぱりうまいよぉぉぉぉっ!

P1000936

〆はやっぱり小ライス(100円)ブッコミで。
お腹いっぱいです。大満足です。

もちろん、担々つけ麺も大満足間違いなし。
「大つけ麺博」はごまの辛いのでいきましょう。
・・・って、オレ行けるかなぁ。仕事が。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

珈哩担々麺 桃天花@三河島

カレーのとどめはやっぱりこちらでいきたい。
桃天花@三河島へ、職場から徒歩45分の道行き。
ほどよく汗かいて到着。

P1070281

今日はつけ麺ではなく、珈哩担々麺(750円)で。
切りおとしチャーシュー(50円)も入れてみました。

P1070282

P1070287

細麺なので、出てくるのちょい早めかな。

胡麻珈哩つけ麺だと、いきなりどかんとカレーなのですが、
汁麺になると、しばらくの間は担々麺としてのスープを楽しめる。

P1070288

徐々にどろり。
そして、じゃがいもがごろり。

P1070289

ああ、やっぱりブッコンデしまう。
ただ、今回はつけ麺と比べて汁の量が多かったせいか、
かなり食べるのきつかったです。
とはいえ、満足度の高さといったらもう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

ゴマカレーつけめんの絶頂 桃天花@三河島

たまに、猛烈に食べたくなるんですよ。
なんだか、記憶の中の味のイメージが鮮烈なんです。
その鮮烈さが、頭から離れないんです。

P1040520

桃天花。
ああ、桃天花。

でもね、三河島。
これまでの人生で、あまり縁のない土地です。
もし、桃天花というお店がなかったなら、
一生、三河島という地に赴くことはなかったかもしれず。
この辺りの知識、ありません。
でまあ、地図を眺めておりますと、
なんだ、職場から歩いていけるじゃん。
で、歩きました。

言問通り、東大横を抜け、てくてく。
鶯谷。ネオンきらきら。てくてく。
尾竹橋通りにでて、てくてく。
三河島駅のちょい手前。道を折れると、到着です。
40分かかりました。
これからのヘヴィーなラー食を、40分歩いたからいいじゃん、と
歩きを免罪符にしようとしています。
免罪符に免罪の効力があろうとなかろうと、どうでもいいですが。

P1040504

P1040505

ゴマカレーつけめん(780円)。
桃天花で一番好きなのがこれ。
それに、普段なら、他の店なら頼まないであろう、

P1040506

小ライス(100円)。

P1040507

辛さはいたってマイルド。
デフォの辛さでは物足りない方もいそうですが、
私はこのくらいの辛さがいい。

P1040509

しかし、いくらカレーとはいえ、つけ麺のつけ汁にじゃがいもゴロゴロ
という光景も、見た目はなんだかアレなんですが、
食べてみれば違和感どころか、じゃがいもなくして
桃天花のゴマカレーつけめんを語るべからず、と言いたいほどの存在感。

P1040513

でまた、カレー味にメンマなの?と最初は思ったんですが、
このシャキシャキッとした食感がとてもいいアクセントに。

うみゃい。
うまいと言いたいところが、
言ってる途中で顔がほころんでしまい、
結果、うみゃい、と言ってしまう自分。
夢中で麺を啜った後は、

P1040516

ライスin!!

うおおおおおん!
思わず自分の脳みその一番原始的な部分が刺激されてしまいました。

ごはんまで全て平らげたときには、もう満腹もいいところです。
しかし、お腹がそんな状態になるときって普通、
最初のうちはおいしくても、最後は半ば無理やりお腹に押し込む
てな感じでフィニッシュする場合が多いような気がするのですが、
ゴマカレーつけめんについては、麺の時点で訪れた絶頂感を維持しつつ、
ご飯を食べ始めてからさらに絶頂感にドライブがかかったような
とんでもない状態に突入していき、そしてフィニッシュを迎えるのです。
また食べたくなるのも、むべなるかな。
また後日、鮮烈な記憶に悶えのたうつこと、必至。

P1040519

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|