« ラーメンガッツリトントントン@高津 | トップページ | 醤油カレータンメン(辛さあり) 酒と肴と麺の店 田村屋@本郷三丁目 »

チャーシューメン たいよう軒@神保町

Dsc_3163

誰かと一緒に、よりは、『孤独のグルメ』的な
自分だけの世界に浸りながら、舌鼓

そういうことが多い、非常に多い
いやほぼそういう感じなのですが

だって結局、食べるって行為は
作り手と食べ手の真剣勝負だし

その横に知り合いがいてどうするのと
そんなことを考えがちなのですが、

Sdsc_3412_2

こんな方と待ち合わせしてみました
僧侶ではございません

しかしながら、彼の手がける仕事に垣間見える
求道者の如き拘りの姿勢は名僧もかくやと

いつもお会いするたびに私は心の中で
静かに手を合わせ南無ぅ~と呟いておりますが

拘る者はまた、拘る者のよき理解者でもあり
今日の一緒は、ちょっと楽しいね

Dsc_3156

チャーシューメン(850円)

前回の半チャーハンもグッときましたが
こちらの面構えもまた実に壮観

Dsc_3158

ほどよく脂が落とされて何枚でもいけそうですわ
いや4枚でよいです十分でございます

Dsc_3160

昨今のカタメ信仰を否定はしませんが
ヤワにはヤワのよさがあるんですのよ

Dsc_3161

そんな会話を口にしていたのかしていないのか
おそらく大部分は無言だったように思うのですが

Dsc_3162

その無言の中で
とても多くのことを語りあったような気がします

|
|

« ラーメンガッツリトントントン@高津 | トップページ | 醤油カレータンメン(辛さあり) 酒と肴と麺の店 田村屋@本郷三丁目 »

ラーメン」カテゴリの記事

地域(千代田区)」カテゴリの記事

コメント

サル番長さん
その節はありがとうございました。

たしかに「一緒に食べた」というよりは、
「孤独のグルメを一緒にした」という感じでしたね〜。

会話って、違いの大きい同士の間を埋めるに過ぎないもの
なのかもしれません。

実に楽しいひとときでした。。

投稿: 青木 健 | 2013年3月19日 (火) 13時37分

☆青木 健さん
こちらこそ、ありがとうございました。
「男は黙って」という表現が、あまり好意的に受け止めてもらえなくなった
そんな昨今ではありますが
これからも「男は黙って麺を啜れ!」でいきたいと思います。
押忍!

投稿: サル番長 | 2013年3月21日 (木) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199412/56761646

この記事へのトラックバック一覧です: チャーシューメン たいよう軒@神保町:

« ラーメンガッツリトントントン@高津 | トップページ | 醤油カレータンメン(辛さあり) 酒と肴と麺の店 田村屋@本郷三丁目 »