« 正油つけめん+大根おろし ボニート・ボニート@武蔵小山 | トップページ | チャントン ハカタノチカラ@銀座 »

排骨担々めん らーめん亜寿加@渋谷

Dsc_0971

久しぶりに来てみましたが、
相変わらずの、けっこうな人の入りなのでした。

むかしむかしの話になってしまいますが
今を遡ること20余年、

「ベスト オブ ラーメン」という
常軌を逸した大型ラーメン本が発売されまして

全国のラーメン100杯、ものによっては原寸大とか
当時としては気が狂ったとしか思えぬその企画に

まだひっそりと生活していたラーメン好きの連中が
ひっそりと狂喜乱舞したわけでして。

Dsc_0965_2

で、その「ベスト オブ ラーメン」に
この亜寿加も掲載されていたのですが

当時の亜寿加といいますと、メニュー的には
ご近所の中華料理店といった趣で

掲載のラーメンもあっさり塩味にそぼろが載った
今の亜寿加とは全く違う

そのご近所の中華料理店みたいな店が
ある日突然、がらっと模様替えして

メニューもこんな感じに変わってびっくりした
そんな昔話を長々とすみません。

というか、いちばんびっくりしたのは
その模様替えによってオープンキッチンに変わった

そのオープンキッチンの
あまりのオープンっぷりだったのですが

それって客に見せちゃいかんだろっていう
内部公開っぷりだったわけですが

この日の様子を見る限りでは
それも昔話になってしまったらしく

特にツッコミ入れる余地のない
ピリッとした仕事ぶりでありました。

Dsc_0967

排骨担々めん(950円)

ここは「パーコー」じゃなくて
本格中国読みで「パイクー」なんだよね。

「パーコー」にしろ「パイクー」にしろ
このメニューが登場した当時は

そもそも「排骨」なる食べ物は
それほど巷に出回ってないのに

「排骨」に振り仮名もついてないし
「これね」って指差して注文したような気がしますが
この不親切さは、不問に付されたのでしょうか。

それはそれとして、微妙な点が多いながらも
結局はここの排骨が好きであることは確かで

性格はアレだけどカラダはアレだから抱いてしまいました
そんな若干の後ろめたさを感じる店なのですが

長々と話しまくった末に
わけの分からない吐露ですみません。

Dsc_0969

基本的にはあまり変わっていないなぁという感慨の中
大きく変わっていたのは

Dsc_0970

昔はこういう食べ方は絶対にしなかった
ランチはご飯無料でも、あえて頼まなかったのに

これは太るわけだなぁと
最後は愚痴のような話で本当にすみません。

|
|

« 正油つけめん+大根おろし ボニート・ボニート@武蔵小山 | トップページ | チャントン ハカタノチカラ@銀座 »

ラーメン」カテゴリの記事

地域(渋谷区)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199412/54999481

この記事へのトラックバック一覧です: 排骨担々めん らーめん亜寿加@渋谷:

« 正油つけめん+大根おろし ボニート・ボニート@武蔵小山 | トップページ | チャントン ハカタノチカラ@銀座 »