« 【限定】ザ☆ラザニアン 田村屋@本郷三丁目 | トップページ | 【3周年感謝祭限定】豚骨カレーつけ麺タイキック 用心棒@神保町 »

ラーメンタロー@大森

Dsc_2533

日本の常識に照らし合わせて考えるならば
たろうはじろうの兄貴であると
たろうはじろうより目上であると

百歩譲ってじろうを超えたいとの願いをこめて
そのように解釈しようじゃないか

いやいや例えばそれが演歌の世界
これから売り出す新人歌手が

あの人を超えてビッグになりたい
その思いを芸名にのせて

北島二郎と名乗ったならば
おいおいお前なにしとんねんと

その世界に交わっているはずのない方々が
ご挨拶に現れかねないところ

Dsc_2531

代わりにこのワタクシめが
開店のご挨拶に大森へと

いや決してイチャモンつけようなどとは

Dsc_2536

開店から2日間は100円でございましたよ。

Dsc_2537

小ラーメン 野菜ニンニク(100円※通常は600円)

ブタが不足気味らしく
ちょっと寂しゅうございますが
まあそれはよいでしょう。100円です。

濃度ボリュームともに軽めなのも
軽めであって薄めではなく

ライトなその系統として非常によくできてますよ。

Dsc_2540

いわゆる「直系」よりパツンと身が詰まった
かといってカイカロー的ゴワゴワではなく

この麺は旨いです。
オヤジさんのより旨いんじゃないか?

あ、この店の厨房切り盛りしてるのは
あの麺でる@田園調布店主の息子さん

麺でるの夜営業を経て
麺でる戸越店の店長をしていた

なるほどそういうことであったかと
では戸越店はどうなっているかといえば

移転先模索中であった豚骨屋@北品川店主が
戸越店店長になっているという

なんだか複雑な話ですが
さてさて、そんな中でのタロー問題

なるほど”あの”麺でるらしいといえばらしいと
苦笑して済む話かどうかはともかく

そんな名前をつけたからには
味は言うに及ばずさらに加えて精神までも

俎上に乗せられる覚悟の上で
やっておられるのでしょうから。

|
|

« 【限定】ザ☆ラザニアン 田村屋@本郷三丁目 | トップページ | 【3周年感謝祭限定】豚骨カレーつけ麺タイキック 用心棒@神保町 »

ラーメン」カテゴリの記事

二郎っぽいの」カテゴリの記事

地域(大田区)」カテゴリの記事

コメント

麺でるの息子さんがやってるのですね。
面白い情報ありがとうございます。

投稿: ぼぶ | 2012年3月31日 (土) 15時39分

☆ぼぶさん
事前に麺でるが関わっているらしいとの情報は得ていたのですが、
まさか戸越店やってるはずのジュニアが厨房に立っているとは思わず
ちょっとびっくりしました。

味に関してはすでに麺でる@田園調布の面影はなくて
ジュニアの味になっていますね。

投稿: サル番長 | 2012年4月 2日 (月) 16時56分

南極物語由来のネーミングかと思っちゃいました (^。^)

どちらも極寒の地を生き延びた2匹ですもんね (^_-)-☆

ってか二郎系くいてー。。。

投稿: GAKU | 2012年4月13日 (金) 22時56分

☆GAKUさん
南極の犬は「タロー」じゃなくて「タロ」ですから!笑
ネーミングについてはなんともアレですが
二郎に猛烈なボリュームとこってりを求めない向きでしたら
こちらはオススメです。特に麺がうまい。

投稿: サル番長 | 2012年4月16日 (月) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199412/54285818

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメンタロー@大森:

« 【限定】ザ☆ラザニアン 田村屋@本郷三丁目 | トップページ | 【3周年感謝祭限定】豚骨カレーつけ麺タイキック 用心棒@神保町 »