« 担々麺ランチセット 泰興楼@自由が丘 | トップページ | 支那そば ラーメン丸仙@武蔵小杉 »

襄陽@白楽

Dsc_2408

お久しぶりの白楽でございます。

Dsc_2409

19時をちょっと過ぎたにしては
どうよこのシャッター具合という「闇市」をとぼとぼと

Dsc_2441

そうそう、大きな火事があったのですね。

さらに歩き、六角橋交差点を過ぎ

Dsc_2410

本日はこちら、襄陽さんで飲み会。

Dsc_2411

お初の方も多かったのですが
まあ似たような習性を持つ身同士ですので
打ち解けるにもそれほど時間はかからず。

Dsc_2412

お通しにザーサイ入りの漬物っつーかなんつーか。
このへんのちょっとしたいい仕事ぶりが
かなりやってくれるのではないかと期待を抱かせながら

抱かせたまま時は過ぎ
ずんずんずんと時は過ぎ

お話が楽しかったのでそれほど気にはならなかったけど
ビールとお通しさえあれば満足なんだけど

ああ、ここはある種の「覚悟」が必要な店なのだ
そのことを心と体が気付き始めた頃に

Dsc_2414

来たよ!
餃子だよ!
でかいよ!

Dsc_2418

我が家でよく行く泰興楼@自由が丘の餃子に
見た目はよく似ていますが
ボリュームはこちらのほうがちょい上か。

特に皮の食感に違いあり。
泰興楼はもちもち重視なのに対して
こちらはパリッ。

Dsc_2415

続いて、またでかい。
手作り感満載のシュウマイ。
崎陽軒の4~5倍相当。

Dsc_2422

マウンテン!
唐揚げマウンテン!

おばちゃん置くときに誤って
山頂を崩してしまったので
慌てて積み直したよマウンテン!

Dsc_2424

味付けは控えめで。
ゴマ入りの衣など、ここでもちょっとしたいい仕事。
ケチャップ合います。

Dsc_2425

さらにしばらく経過して
なぜこのタイミングで「前菜」の蒸し鶏?

いや、もう「なぜ」はやめましょう。
考えてはいけない。感じるのです。

Dsc_2427

酒も会話も進みます。
あとで調べて驚きましたよ本当に。
いや、こちらの話です。

Dsc_2428

この春巻きも普通の中華料理店と比較して
大きいといえば大きいのですが
すでに縮尺がおかしくなってるので。

オーソドックスなようで、八角効かせた襄陽流。

Dsc_2429

さて、仕上げでございます。
うわー、丼に目一杯入ってるし。

Dsc_2432

この鍋が決め手なのね。
何がどう決め手なのかよく分からないけど
ここにぶち込むわけね。

Dsc_2434

じゅううううううっ!となるわけね。
慌てて動画撮り損ねたのはご愛嬌ね。

Dsc_2435

おばちゃんが取り分けてくれるのね。
のんびりムードを振り払う素早い動きなのね。

Dsc_2439

う、うまいのね。
待った甲斐があったのね。

Dsc_2440

サービスなのね。
お腹いっぱいなのね。

しかもいい感じで酔っ払えるくらい飲んで
これでいいんですか?ってくらいのお値段なのね。

と、非常に満足度高かったわけですが
ひたすらに待つその上に
これでもかのボリュームという

なかなかのハードルが用意されていますので
心と時間の余裕を持っておでかけください。

|
|

« 担々麺ランチセット 泰興楼@自由が丘 | トップページ | 支那そば ラーメン丸仙@武蔵小杉 »

中華料理」カテゴリの記事

地域(神奈川県)」カテゴリの記事

コメント

わはは~、来ましたね。
時間と覚悟と空きっ腹が必須です。
後はそれを揃えた仲間も欲しいですね。

でも、お金は控え目でOK。
そんな襄陽です。
僕は大好きです。

↑が揃ったらまたお付き合い下さい。

投稿: なつき | 2012年3月14日 (水) 10時17分

☆なつきさん
いやー、事前情報があっても
実際に体感してみると驚きの連続でしたな。
襄陽恐るべし。
ぜひまた。

投稿: サル番長 | 2012年3月14日 (水) 11時51分

「聞きしに勝る」ってヤツですね。
うちは何の情報も仕入れずに「近所の中華屋」として突入しちゃったもので、
その衝撃たるや…。

投稿: なつき | 2012年3月15日 (木) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199412/54209806

この記事へのトラックバック一覧です: 襄陽@白楽:

» スローフード 襄陽@六角橋 白楽 [なつきの日記風(ぽいもの)]
JUGEMテーマ:中華料理 すんげー久し振りです。 ずっと来たかったんですよ。 ただね、下手すると我が家3人じゃ二品で終了しちゃうんです。 晩飯なのにね。 三人で二千円も行かずに終わっちゃうことも申し訳なかったりもして、 人数集めて来たくてね。 という我が家の策略にはまった人々。 くっくっく、こんな人やこんな人にこんな人までが わざわざこのお店まで来て下さいましたよー! さぁ〜、今日は人数多いし、このお店のエキスパートもいるから楽しんじゃうぜー... [続きを読む]

受信: 2012年3月14日 (水) 10時18分

« 担々麺ランチセット 泰興楼@自由が丘 | トップページ | 支那そば ラーメン丸仙@武蔵小杉 »