« 和利道@池尻大橋の夜営業 | トップページ | 辛メン ふわふわ@四谷三丁目 »

あえてあっさりを食べてみる 天下一品武蔵小山店

P1090116

天一はこってりに決まってるでしょ!
などという声が聞こえてきそうですが、
ならばなにゆえあっさりは存在するのか。
存在する以上は存在するなりの存在ではないのか。

なんて言ってますが、そういう私のあっさりデビューは
かなりがっかりな結果に終わったことを記憶してまして。

あれは○尻店だったでしょうか。
あっさりで~す、と出てきたそれは、
いや別に食べられないわけじゃなかったんですが、
できれば食べたくはなかったです。

それ以来、あっさりには触れてはいけないのだと
思い続けて幾年。

あるとき京都を訪れて、某支店(覚えてない)を訪れたとき
もしかして、本場京都なら違うのではないか、と
勇気を出してあっさりを注文すると、
おお、なかなかいけるではないか!

などという経緯を踏まえつつ。

さて、最近は天一のあれやこれやについて
少しずつ分かり始めてきまして
支店といっても直営だの大資本のフランチャイズだの
本店出身者の暖簾分けだの
その形態によって味もまた違ってくることが分かり

その流れで言うと、先ごろ開店した武蔵小山店は
本店出身者が始めた神田店の2号店だそうで
神田店は都内の天一の中でもかなりの実力だそうで
そうなるとかなり期待できるということで。

しかもこの日は昼にかなりこってりめのラーメンを食し
そういう系統はちょっとなぁと思っていたところだったので、
これはもういくしかないだろうと。

P1090118

ラーメン並 あっさり(700円)

食券渡すときに背脂ありなし聞かれるので、ありにしました。

第一印象。
悪くはないです。
悪くないですが、幾分ぼんやりしてるというか
ちとパンチに欠けるような気が。

そこで。

P1090119

らーめんタレをひと回し注ぐ。
いい感じになってきました。

さらに。

P1090117

中盤からにんにくを加える。

にんにくのありなしも食券渡したときに聞かれます。

うん、さらにいいよ。

そして。

P1090121

終盤にはブラックペッパー攻撃。


なんとなく分かりました。
こってりはそれだけで完成されていますが
あっさりは自分好みにカスタマイズして
はじめて完成なのではないかと。

なんとなく分かったので
次はこってりでいいや。

|
|

« 和利道@池尻大橋の夜営業 | トップページ | 辛メン ふわふわ@四谷三丁目 »

ラーメン」カテゴリの記事

地域(品川区)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199412/51884681

この記事へのトラックバック一覧です: あえてあっさりを食べてみる 天下一品武蔵小山店:

« 和利道@池尻大橋の夜営業 | トップページ | 辛メン ふわふわ@四谷三丁目 »