« 【スタッフ鈴木さんによる、考え、つくるラーメン】鶏そばver.1 えにし@戸越銀座 | トップページ | その後の山梨製麺@春日 »

小麦と肉 桃の木@新宿御苑前

最近、サル番長ってラーメンそっちのけで
ラーメン屋のおねえちゃんの話ばっかりしてないか?
なんていう声がちらほらと聞かれるので、
改めて説明しておこうと思います。

そのとおりだが、何が悪い?

さて、すっきりしたところで、先に進みます。

新宿の客先の打ち合わせが予定より早く終わって、
さてどうするか。
どうするかって、どうするかは決まっていたのですが。

そこにおねえちゃんが待っているというなら、
七つの海を越えてでも逢いに行け、とは
祖父の遺言です。

それはウソですが、人生においては
祖父の遺言のように重視すべきことと考えている私にとって、
この状況で向かう店は決まっています。

「小麦色の肉体と桃源郷」へまっしぐら。
違います。
「小麦と肉 桃の木」へまっしぐらです。

念のため言っておきますが、
この手のコメントはネタとして入れてますから。
本来、実にストイックにお店と向き合ってますから。
純愛ですから。本当ですから。

しかしながら、ここで問題がひとつ。
それは、店の場所。
「ひるがお」があった頃から、
あの場所にすんなりたどり着いたことがない。
ああだこうだとあたりをさんざんうろついて、
やっとのことでたどり着く。

で、実はちょっと前にもこの場所へ向かおうとして
いつまでたってもたどり着けず、しかも雨は降ってるし、
ボロボロの状態でたどり着いたときには
すでに暖簾はしまわれているし。
しかも、店内の様子を見ると
すんなり着いていたらまだ開いていたような気もして。

くっ悔しいっ!
(ハンカチの端っこを噛んでる画でお願いします)

そして再び、彼の地へ。
人間そういうときって実力以上の力を発揮するものです。
あれほど迷っていた道を、全く迷わずすいすい進み、
前方に「小麦色の肉体と桃源郷」を、いや違った
「小麦と肉 桃の木」をロックオン!

が、なんですと!
おねえちゃんが今まさに暖簾をしまおうとしているではないか。
時刻はちょうど17時。

待ってください!
食べさせてください!
後生ですから!

なんて強引なプッシュなど
シャイが服着て歩いているような私にできようはずもなく

あ、あのー・・・
と、おねえちゃんと店へ交互に目をやりながら
モジモジしてみる。

すると、「大丈夫か聞いてきますね」とおねえちゃん。
やがて、「大丈夫です、どうぞ!」と。
そのときの笑顔がとっても素敵で、思わず

惚れてまうやろ!

と叫びたくなりましたが、
もちろん心の中でささやかに。

P1010396

さて、券売機を見ると新発売の「こってり」なんていうメニューも見えますが
初訪なので、通常の昆布醤油味を注文。

厨房を仕切るのは、きりりとした容貌のおねえさん。
店に客が溢れ、忙しく立ち回っているときこそ、
見てみたいような気がしました。

どうやら道具の類も既にかなり洗っていたみたいで、
本当にすみません。。。

P1010398

つけ麺 昆布醤油味(850円)

まあなんというか、蕎麦屋の肉南蛮せいろ。
身も蓋もないですが。

P1010399

麺はぴろぴろっとしたきしめん的食感がいとおかし。

P1010397

途中で卓上唐辛子などを加えてみれば
ますます蕎麦の様相。

P1010402 P1010403

そして、最後はスープ割りならぬ蕎麦湯割り。
わざわざ蕎麦粉を溶いて作ってたようですが、
かなりどろどろっとしたものです。

流行りというか食傷気味になりつつある
濃厚なつけ麺とは一線を画すあっさり系。
そこにおねえさんの爽やか接客が加われば
いやはやなんとも気持ちのよいこと。

今度は普通に開いてる時間に来ますね。
さよなら、小麦色の肉体と桃源郷・・・
違いますって。
小ぶりなのに肉感的な桃尻娘・・・
いやそれも違うから。
小股の切れ上がった肉欲桃色令嬢・・・
そうじゃなくて
(以下自粛)

|
|

« 【スタッフ鈴木さんによる、考え、つくるラーメン】鶏そばver.1 えにし@戸越銀座 | トップページ | その後の山梨製麺@春日 »

ラーメン」カテゴリの記事

地域(新宿区)」カテゴリの記事

コメント

暖簾がしまわれる直前ということは貸し切りですね(ニヤリ

普段ではあり得ないサービスや会話があったと妄想します。

投稿: ふらわ | 2009年12月 2日 (水) 12時15分

☆ふらわさん
ええそりゃもう、客がひとりに小麦色の肉体がふたり。
こういうのを「酒池肉林」と言うのでしょうか?(笑)

投稿: サル番長 | 2009年12月 2日 (水) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199412/46903609

この記事へのトラックバック一覧です: 小麦と肉 桃の木@新宿御苑前:

« 【スタッフ鈴木さんによる、考え、つくるラーメン】鶏そばver.1 えにし@戸越銀座 | トップページ | その後の山梨製麺@春日 »