« 佇まいに降参しました(その2)中華エーワン@石川台 | トップページ | 豊しまVSおか田 春日肉そば戦争勃発? »

ラブメン楽々@高円寺

こちらの沿線も久しぶりではある。
中野で降りて、ブロードウェイをぶらぶらと。
オタクの殿堂にさらに磨きがかかり。
が。
私の視線の先はアニメではなく。
ウルトラシリーズの怪獣フィギュアに心ときめく。
そういう世代。

【ここから妻専用コーナー】
買わないから!
絶対買わないから!!
見るだけだから!!!
【妻専用コーナーおわり】


P1000628

で、中野から歩いて環七沿いの「ラブメン」へ。
吉祥寺にある「音麺酒家 楽々」さんで、
土日限定で出していたメニューの専門店、になります。
開店から日は浅いですが、評判は上々のようで。
妙な店名ですが、その由来などはこちらにて詳しく。

元祖「ラブメン」とも言うべき「生郎」については、
改名前の「ラーメン二郎 吉祥寺店」に行ったきりですね。
三田本店育ちの身としては多くのお客さんが唱える
「マシマシ」の呪文が物珍しく。
当時、三田では「マシマシ」なんていう人いなかったんですよ。
そんなことを思い出したりして。

P1000619

行ったのは9月16日(水)ですが、
この時点ではまだつけ麺や限定メニューはなく、
らーめん(ラブメン)のみの営業でした。
SW連休明けからは解禁のようですね。

P1000620 P1000621

二郎系ではおなじみのトッピングや
その他注文についての諸注意。
非常に丁寧かつ的確。

食券を買って、すぐ横の席に座っていたところ、
あとから3人組の団体さんが現れて、
私が席を替われば座れるので席を移動。
しかし、移動したどん詰まりの席が
照明がほとんど当たらなくて真っ暗!
うーむ、と思ってたら、店員さんから
移動したお詫びというかお礼というか、
豚を増してくれました。
なのでまったく暗さは気にならないです!
本当です!
が、そういうわけで写真はちょっと暗めです。

P1000623

ラブメン(小)(650円) ニンニク・唐辛子
※サービスの豚入り

カエシのガツンと効いた感じは、実に私の好みです。
豚骨よりも肉汁で食わせるタイプで、これもまた好み。
野菜は程よいシャキシャキ。うまかったなぁ。
野菜増してもらえばよかった。

P1000624

麺は二郎よりももちもちっとした、うどん的な食感。
「麺徳」あたりに近いか。
量はメグジ程度と考えていただければよいかと。

P1000626 P1000625

豚はチャーシューとほぐし豚(?)が乗ります。
ほぐし豚は味がしっかり染みていて、
それだけで食すと、ちとしょっぱい。
野菜や麺と同時に食らうべきかな。

通常の豚はスープに浸して温めると
ほろほろと崩れる柔らかさ。


P1000622

途中で卓上の魚粉やカレーを投入。
どちらも主張しすぎず、いい感じの味変に。

楽々@吉祥寺の限定メニューで出していたとはいえ、
現段階でこのレベルの高さはさすがですな。
今後とも非常に期待がもてます。
なにやら提灯記事っぽい絶賛ぶりですが(笑)
サービスしてもらったからって?ち、違いますっ!!

それは、
おいしいラーメンを作ろうと日夜努力するお店と
おいしいラーメンを求めてさすらう客との
出会いがもたらす、ラブ。



P1000629

|
|

« 佇まいに降参しました(その2)中華エーワン@石川台 | トップページ | 豊しまVSおか田 春日肉そば戦争勃発? »

ラーメン」カテゴリの記事

二郎っぽいの」カテゴリの記事

地域(杉並区)」カテゴリの記事

コメント

あ~行っちゃったんですね~wink

私の友達もはるばる熊谷からcarに乗って
ラブメン(大) 豚増し ヤサイダブル ニンニク アブラ を食したらしいです。  (それでもドン・キタより少なくしてるらしい)

意外にコッテリではないようなので、私もイケそうですね。

投稿: アリス | 2009年9月28日 (月) 16時12分

☆アリスさん
作り手が「二郎とは何か」をよく分かっている店には
やっぱり食指が動いてしまいまして。
スープ自体は非乳化でサラリですが、
脂は多めなので、そのへんはご注意を。

投稿: サル番長 | 2009年9月29日 (火) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199412/46284994

この記事へのトラックバック一覧です: ラブメン楽々@高円寺:

« 佇まいに降参しました(その2)中華エーワン@石川台 | トップページ | 豊しまVSおか田 春日肉そば戦争勃発? »