« 醤油ラーメンなら藤崎奈々子@水道橋 | トップページ | 【新店】本郷ラーメン@本郷三丁目 »

四代目けいすけ@本駒込 夜の部

先日、昼の部のみ営業という形で開店した、四代目けいすけ。
昼のメニュー「つけめん 渡り蟹の滴」は、個人的にはかなりの高評価。
22日から夜の部が始まったそうなので、これは行かないわけにはいかず。

P1050405

今日は地下鉄ではなく、後楽園から歩きで。
白山通りから白山駅を横に見て、本郷通りへと抜ける。
20時ちょい前で並びはなし。店内は半分くらいの埋まり具合。

P1050404

夜メニューは「焼きもりめん 伊勢海老の滴」(900円)
モリマンではない。もりめんだ。
で、料金は昼のつけめんは850円で夜が900円。
50円高い。
なにゆえ高い。
それは「焼き」だからなのか。

厨房では、「焼き」がはじまった。
どでかいフライパンを熱し、油を敷く。
そこに茹でた後、水で締められた麺が投入される。
しばらく放置。しかるのち、ひっくり返す。でまた放置。
皿に盛られて登場、となる。
きつね色の表面。

P1050398

そして、つけ汁の登場。

P1050399

オーブンで暖められた焼石が底に入っているため、グツグツ。
グツグツときつね色を動画でもご覧ください。

パリパリとしっとりの混在する麺をつけ汁に浸していざ。
うーむ、この焼いた麺、面白いといえば面白いが。
どうでもいいといえば、どうでもいい。
それよりも、つけ汁が麺にまったく絡んできません。
昼のつけめんは、これでもかとつけ汁が麺にまとわりついてきたのに。
ちなみに、つけ汁自体の違いは、昼と夜とではあまりないように思う。
基本的な方向性は同じで、だしを蟹で取ったか海老で取ったか、
それだけの違い。
ならば同じように絡んできてもよさそうなものだが、
原因は、麺を焼いたときに使われた油か。
麺に油がコーティングされているがゆえに、つけ汁が絡まないとみた。
さらにこの油、かなり大量に使われてまして、
そのために、胃がもたれる。かなりもたれる。

うーむ、なんというか、アイディアだけが先走ってる感じ。
昼の部がよかっただけに、落胆の度合いが大きいです。
「四代目らーめん」登場までは、夜の部の再訪はないかな。

肩を落としてとぼとぼ歩いていると、こんな看板を発見。

P1050408

「もんきい」、何かと思えばトンカツ屋だそうな。
かわいくて、ちょっと癒された。

|
|

« 醤油ラーメンなら藤崎奈々子@水道橋 | トップページ | 【新店】本郷ラーメン@本郷三丁目 »

ラーメン」カテゴリの記事

地域(文京区)」カテゴリの記事

コメント

読んでいて、麺の写真がでてきたときに「おっ!?」と思ったのですがダメでしたか~
つけダレのぐつぐつはすごいですね。

投稿: next | 2008年11月27日 (木) 13時27分

☆nextさん
調理の様子見てるときに、すでに
油使いすぎだなぁ、って思ってたんですよね。
やっぱりその油がダメでした。
昼との差別化を図りたかったんでしょうけど。
「焼きなし」で注文するのはありかも。

投稿: サル番長 | 2008年11月27日 (木) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199412/43237120

この記事へのトラックバック一覧です: 四代目けいすけ@本駒込 夜の部:

« 醤油ラーメンなら藤崎奈々子@水道橋 | トップページ | 【新店】本郷ラーメン@本郷三丁目 »