« 謎が謎呼ぶ大熊製麺 | トップページ | その名のとおり和むのである 和屋@向ヶ丘遊園 »

ゴマカレーつけめんの絶頂 桃天花@三河島

たまに、猛烈に食べたくなるんですよ。
なんだか、記憶の中の味のイメージが鮮烈なんです。
その鮮烈さが、頭から離れないんです。

P1040520

桃天花。
ああ、桃天花。

でもね、三河島。
これまでの人生で、あまり縁のない土地です。
もし、桃天花というお店がなかったなら、
一生、三河島という地に赴くことはなかったかもしれず。
この辺りの知識、ありません。
でまあ、地図を眺めておりますと、
なんだ、職場から歩いていけるじゃん。
で、歩きました。

言問通り、東大横を抜け、てくてく。
鶯谷。ネオンきらきら。てくてく。
尾竹橋通りにでて、てくてく。
三河島駅のちょい手前。道を折れると、到着です。
40分かかりました。
これからのヘヴィーなラー食を、40分歩いたからいいじゃん、と
歩きを免罪符にしようとしています。
免罪符に免罪の効力があろうとなかろうと、どうでもいいですが。

P1040504

P1040505

ゴマカレーつけめん(780円)。
桃天花で一番好きなのがこれ。
それに、普段なら、他の店なら頼まないであろう、

P1040506

小ライス(100円)。

P1040507

辛さはいたってマイルド。
デフォの辛さでは物足りない方もいそうですが、
私はこのくらいの辛さがいい。

P1040509

しかし、いくらカレーとはいえ、つけ麺のつけ汁にじゃがいもゴロゴロ
という光景も、見た目はなんだかアレなんですが、
食べてみれば違和感どころか、じゃがいもなくして
桃天花のゴマカレーつけめんを語るべからず、と言いたいほどの存在感。

P1040513

でまた、カレー味にメンマなの?と最初は思ったんですが、
このシャキシャキッとした食感がとてもいいアクセントに。

うみゃい。
うまいと言いたいところが、
言ってる途中で顔がほころんでしまい、
結果、うみゃい、と言ってしまう自分。
夢中で麺を啜った後は、

P1040516

ライスin!!

うおおおおおん!
思わず自分の脳みその一番原始的な部分が刺激されてしまいました。

ごはんまで全て平らげたときには、もう満腹もいいところです。
しかし、お腹がそんな状態になるときって普通、
最初のうちはおいしくても、最後は半ば無理やりお腹に押し込む
てな感じでフィニッシュする場合が多いような気がするのですが、
ゴマカレーつけめんについては、麺の時点で訪れた絶頂感を維持しつつ、
ご飯を食べ始めてからさらに絶頂感にドライブがかかったような
とんでもない状態に突入していき、そしてフィニッシュを迎えるのです。
また食べたくなるのも、むべなるかな。
また後日、鮮烈な記憶に悶えのたうつこと、必至。

P1040519

|
|

« 謎が謎呼ぶ大熊製麺 | トップページ | その名のとおり和むのである 和屋@向ヶ丘遊園 »

ラーメン」カテゴリの記事

中華料理」カテゴリの記事

地域(荒川区)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

ナミナミスープは相変わらずですね・・
お腹一杯でもドンドン進むその気持ち、よく分かります。

しかし「うみゃい」とはまたウマイことを・・(笑)

投稿: ばんじまる | 2008年10月13日 (月) 12時54分

☆ばんじまるさん
改めて見ると、凄いなぁ(笑)
でも、このボリュームでもするりと入ってしまうんですよね。

投稿: サル番長 | 2008年10月14日 (火) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199412/42769364

この記事へのトラックバック一覧です: ゴマカレーつけめんの絶頂 桃天花@三河島:

« 謎が謎呼ぶ大熊製麺 | トップページ | その名のとおり和むのである 和屋@向ヶ丘遊園 »