« 風雲児@新宿で唸る | トップページ | 冷たいけど温かい ボニート・ボニートの冷やし »

凪@新宿ゴールデン街の夜はこれから

Photo_2

ある世代の方には特別な響きがあるであろう、新宿ゴールデン街。
以前は、現実と非現実の間の薄皮一枚のところにこびりついた垢のごとき
相当にディープな匂いを放っていましたが、
最近は若者向けの店舗も多く、非常に入りやすく・・・もないか。
相変わらずそこそこにディープです。

Photo

そんなゴールデン街にて営業中の「凪」。
「写真?オレね。きれいに撮ってねっ!じゃなくて」
「ラヲタ?あ、ラヲタはラヲタって言われたくないんだっけ?」
生田店主による「オカマちゃんのボケツッコミ」的なやりとりが
ゴールデン街チックな夜を演出します。

らぁめん並700円を注文。
「トッピングはいらないの?」
「餃子も自慢なんだけどな」
すいません、先に別の店で食べてまして・・・。
「ラヲタは連食が基本だね」
いやその、ラヲタでは・・・。
などと言ってるうちに登場。

Photo_3

醤油の立ったところにこれまた強烈に煮干しが襲いかかるスープ。
不揃いでもちもちっとした自家製の太麺がかなりいけます。
「麺は自信作なんだけどね。スープはまだまだ研究中だよ」
ふむ。これはこれで非常に好みなのだが、醤油とだしが喧嘩しているふしもあり。
かといって下手に和解しても面白みはなく、
程よい緊張感を保ちつつ融合を図るというのが難しいのでしょうな。

P1030722

などと分かったようなことを考えている間にも、
生田劇場は開催中。
ゴールデン街の夜は長い。

Photo_4

|
|

« 風雲児@新宿で唸る | トップページ | 冷たいけど温かい ボニート・ボニートの冷やし »

ラーメン」カテゴリの記事

地域(新宿区)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199412/42392079

この記事へのトラックバック一覧です: 凪@新宿ゴールデン街の夜はこれから:

« 風雲児@新宿で唸る | トップページ | 冷たいけど温かい ボニート・ボニートの冷やし »