« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

虜になりました CONCEPT@板橋

Photo_2

板橋駅東口の、昭和チックな飲み屋が並ぶ一角。

Photo_3

そこに突如として現れた、おしゃれな外観のお店。
「自家製麺 CONCEPT」

Photo_4

Conceptという名のラーメンとつけ麺がありますが、
つけ麺の評判がかなりいいようで。
煮玉子と大ぶりのチャーシューが入った「つけ麺 極(きわみ)」980円を。

ぶおおおおん
ぶおおおおん

Photo_5

業務用の特大扇風機がお出迎えです。
その他にも冷風扇が2台、フル稼働。
夏場は熱がこもって大変だったようです。

Photo_6

その上チャーシューを炭火で炙ってますからね。
私が訪れたときには暑さも落ち着いてましたが。。。

Photo_13

Photo_7

麺。これが小麦の風味がしっかり感じられて実にうまい。
食感も硬すぎず柔らかすぎず、絶妙です。

Photo_8

つけ汁は豚骨のこってりさを刻みたまねぎがうまく中和してくれるせいか、
あまりしつこさを感じません。
かなりの濃度で、麺によく絡みます。
絡みすぎてなくなりそうです。

Photo_14

至福のたまごとろーり。

Photo_9 Photo_10

唐辛子は麺にまぶして。

Photo_11

最後はあっさりかつおダシでスープ割り。
いやあ、これはうまいなぁ。

味も最高ですが、この店の注目は、なんといっても店主。
イケメンです。
気さくに話しかけてくれる、とてもいい人です。
しかし。
なんか妙なんだな。
店内にかかっているBGMに合わせて首を振ってリズムをとるんだけど、
そのアクションがなんか変なのだ。これは実際に見てというほかない。
喋ってる途中でも突然首を振りだすし。驚くって。

で、今度はラーメン食べに来ます、と言ったら、
ラーメンね・・・うまいんだよね・・・食べて食べて、また食べて食べるんだけど、
そのうちまた食べたくなっちゃうんだよね・・・うまいんだよね・・・
最後は誰に向かって語ってるのか、よくわかりません。

この雰囲気、誰かに似てるなあと思ってたのですが、
しばらくして気が付きました。
輪島功一。
容姿も声も全く違いますが。
いずれにしろ、愛すべきキャラであることは間違いありません。
なんだか、この店から目が離せなくなりました。
もう虜です。近日再訪は必至。

Photo_12

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

明日では遅すぎる

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

@nifty語ろ具に記事掲載されました!

以前、私の所属するバンド「蜂蜜檸檬」の
ライブの模様練習風景の記事で”出演”を果たした@nifty「語ろ具」で、
ラーメンの記事を書かせていただきました。

らーめん えにし(戸越銀座)~大人が楽しむラーメン-1-

おいしいラーメンは食べたいけど、行列したり、
慌ただしい雰囲気の中で食べるのはどうも、という
大人たちのための企画ですが、
大人に限らず、子供も行列好きも慌ただしい人も
見に来てくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

えにし@戸越銀座の限定 色イロ麺2

休日に家族を連れて。

Photo_12

すいません、落ち着きなくって。。。

Photo_13

その上、こんな海苔まで、すいません。。。

Photo_14

私が注文したのは、夏の限定の最終となる、「色イロ麺2」。
タコはサービスで入れてもらっちゃいました。通常は入ってません。

サブタイトルは「虹色バス」(byヒッキー)だそうです。
解説図はこちら。

Photo_15

Photo_16

Photo_17

虹に見立てた7色の太麺は、固ゆでだけどゴワゴワ感や暴力性はなく。

Photo_18

豆乳入りのスープに具も豆腐。ホタテの燻製もゴロゴロ入っています。
うまみがじわりじわりと染みてくる。

Photo_19

最後にごはん投入。これが絶品。
いやぁ、うまかった。でも残念ながら21日(日)で終了だとか。
手間を考えると、長い期間は無理ですよね。
でもこれ、どちらかというと冬向きメニューじゃないでしょうか。
冬の限定としての再登場、期待してます。

ところで、23日~28日は店主夏休みで、
「スタッフによる考え、つくるラーメンの1週間」になるとのこと。
営業時間も日によって違い、通常メニューのない日もあるため、
ご注意ください。
また、30日(火)も臨時休業となります。

Photo_20

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

ロシア料理「海燕」@春日

たまにはラーメンでない昼食を。
白山通り西片交差点から言問通りに入り、菊坂下を右に少し入る。
ロシア料理「海燕」。”かいえん”と読みます。

Photo

このへんは職場から東大のほうへ抜けて
「初代けいすけ」あたりに行くときに通過するので
この店の存在に気付いたのですが、そうでもなきゃ分からないですって。
わざわざそういう穴場を選んだのでしょうか。
あとでネットで調べたら、かなり人気のある店の移転だったようで。

Photo_2

ランチはグリヴィ(マッシュルームのつぼ焼)が800円、
ゴルビツィ(ロールキャベツ)、ビーフストロガノフ、
シャシリーク(羊ヒレ肉の串焼)がそれぞれ1,000円。
サラダ、ボルシチ、ロシアパン、デザート、ロシアンティー付き。
私はロールキャベツをセレクト。

Photo_3

サラダはキャベツの甘酢漬け。私本来はこういうの苦手なんですが、
酸っぱさ控えめでおいしくいただけました。

Photo_4

ボルシチは穏やかな味わい。野菜たっぷりです。

Photo_5

ロシアパン。ライ麦の、いわゆる黒パンですね。

Photo_6

メインのロールキャベツはトマト仕立てのソースの
オレンジ色が目に鮮やか。このソースが実にうまい。
ロシアパンですくって食べ、パンですくい切れないのはスプーンで。

Photo_7

中身もキャベツ食感が残りつつも柔らかい絶妙の煮込み加減。

Photo_8

デザートはヨーグルトのメープルシロップがけ。

Photo_9

ロシアンティーは別皿のジャムをなめながら飲んでくださいとのこと。
それが本式らしい。ちなみに、ジャムはバラのジャムでした。

Photo_11

うむ。十分に満足のいく1,000円でした。
さて、帰りは近くの路地をぶらぶら。

Photo_10

樋口一葉の旧居跡なんてのがあって、
その頃から時間が止まってしまったかのような空間。

ところで、ロシア料理というと、環七の長原交差点近くにあった
「ソーニャ」という店がけっこうおいしくて印象に残っていたのだが、
残念なことに移転してしまった。
さて、移転先はどこだったっけ?と思い、ネットで調べたところ、
なんと、こちらも職場のご近所ではないか。
しかも、先日訪れた「台風。」とは目と鼻の先。
世界は狭いぞ。ロシアは広いけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

どろんどろんの台風。

昼休みに「らーめん台風。」へ。
最寄り駅は茗荷谷なんでしょうけど、私の職場からは歩ける距離。
といっても15分くらい。それもちょい小走りで。
ひー、やっぱり遠いなぁ。
そんな状況でさらに待たされると、戻る前に昼休みが終わってしまうので、
行くのは仕事の都合で遅い昼休みを取ったときに限られます。

13時05分で前客7人。
ただし、うち6人はすでに食事中だったので、それほど待たず。

Photo

らーめん700円。
カメラ忘れたのでケータイショボ写真で申し訳ない。
以前より、スープの粘度がかなり増したような気がします。
もう、どろんどろんです。まるであんかけのよう。
ゆえに、麺にそれはそれはよく絡みます。
つーことは豚骨が荒っぽくぐわーっとくるのかと思えば、
拍子抜けするほどすっきり。
豚骨の臭みがあまり得意でない私としては、一応歓迎なのでありますが、
ただ、若干物足りなさも感じてしまうのも事実。
もう少しだけ豚骨の主張があってもいいような。少しだけど。

チャーシューは、開店当初はポークソテーと言ってもいいような
大いに歯ごたえを感じるもので、これ、大好きだったのだけど、
ご年配のお客さんから、もっと柔らかいのにという要望が強かったそうで、
すぐにホロホロタイプに変わってしまった。
お店側の選択としてはやむなしなのだが、ちと残念だった。
それが、ちょっと前から、ある程度の歯ごたえは残しつつ、
すぐに噛み切れる柔らかさも兼ね備えたチャーシューに変身。
最初のチャーシューにも未練はあるが、今のなら納得です。

最後ににんにくパウダー投入。
うむ。満足。
しかし、帰りがまた面倒で。。。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

炎の味噌らーめん 南部@自由が丘

今さらながら夏季限定その3
図らずも、第3弾になってしまった。

自由が丘でお薦めのラーメン屋さんは?と人に問われたなら、
別にラーメン屋にする必要ないんじゃない?と答えたい。
そんなラーメン屋不毛の地、自由が丘において、
味噌らーめん 南部」、気になる店ではある。

Photo

当初の目的は「焼にぼ醤油らーめん」。
味噌がメインの店だけど、こっちのほうが好き。

Photo_2

が、こんなメニューが掲げられているので、悩む。

Photo_3

さらに、裏にはこういうメニューが。
夏季限定ということなので、今回はこちらにしよう。
炎の味噌らーめん 850円
以前は細麺オンリーだった麺は、太麺も選べるようになったので、
太麺をセレクト。

Photo_2

券売機はこんな感じね。

Photo

休日の15時過ぎに前客3、後客2は、
普通の店ならまあまあかもしれないが、
あの「せたが屋」グループが出した店ということを考えると
多少物足りないと考えるべきだろうか。

Photo_3

来ていきなりの映像は、グツグツ煮えてて中身がよく分かりませんが、
当然、スープは辛そうな赤。
10種類の食材で作ったガツンラー油が旨辛の決め手らしく。
いきなり喉にくる感じだが、慣れるとそれほど辛さはきつくない。
おっしゃるとおり旨辛です。

Photo_4

ほぼストレートの太麺。やっぱり細麺よりこっちがいいな。

Photo_5

鶏のチャーシューがゴロゴロと。うまいっす。

ここの味噌って、あとひと味足りないような気がしてたのだが、
辛味という+αがあると、収まりどころがいいというか。
なかなかいいです。夏期と言わず、通年でもいいのでは?
あと一つ注文なのですが、生卵落としたいなぁ。

さて、今回の自由が丘、本当の目的はラーメンではなく。

Photo_6

小洒落た店舗が並ぶ中、突然現れる「うめぼし」の文字。

Photo_7

福梅本舗」の梅干しは、従来の梅干しのイメージが覆るうまさ。

Photo_8

大好物のこれがないと娘の機嫌が悪くなるので、買いに行った次第。

・・・つーことで、おばちゃん、ブログに載せたよ。辿り着けたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

カレーつけめんのストライク あびすけ@元住吉

バンドの練習が終わると、反省会になります。
メンバー全員、反省するのが大好きなので、
ついつい反省が長引いてしまいます。
その帰り。登戸駅のホームで、こんな写真を撮ってました。

Photo_9

かすかな記憶を辿ると、今自分が見ているこの景色も明日になれば、
といったやや感傷的というかむしろ単なる酔っぱらい的な考えで、
記録に残したかったように思われ。

Photo_10

そんな状態で向かったのは、あびすけ@元住吉。

Photo_11

カレーつけめん(並)820円。
カレーつけめんとして人が思い描く理想型の
ほぼど真ん中ストライクなのではないかと思うのです。
カレーはカレーで主張しながらも、
ベースの豚骨と魚介もしっかり存在感があり。

Photo_12

ぶっといメンマが印象的。

Photo_13

おみやげですと?撮ったのに買ってない。気になる。。。

帰り。なおも謎の写真が。

Photo_14

数日後には駐車場。

さようなら、昨日の景色。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

らーめん和屋@宿河原or向ヶ丘遊園

Photo

今日は宿河原から歩いて、梨もぎ。

ではなくて、そのとなり。

Photo_2

らーめん和屋。”なごや”と読みます。

Photo_6

通常メニューはこんな感じですが、
今日は数量限定という、和屋つけめん(750円)を。
以前は5~10食程度の提供ですぐに売り切れてしまったようですが、
最近は数を増やしたそうです。
今回、休日の15時過ぎでもまだありました。

Photo_3

あー、のりに載ってる魚粉が沈みそう・・・早く食べよ。
まあ、最近よくある豚骨魚介系のつけ麺ではあるのですが、
つけ汁には濃厚さによるしつこさなどは感じられず、
なかなかバランスのよい仕上がりだと思います。

Photo_4

三河屋製麺の平打ち麺はもちもちっ。
つけ汁との絡みもよし。

Photo_5

具はチャーシュー意外は別皿で。煮玉子はちょい甘みあり。

Photo_8

スープ割りはこんな器でご提供。いやぁ、うまかった。
ちなみに、通常のつけめんは酸味の利いたさっぱり味だそうです。

接客も気持ちいいし、ベビーシートが用意されているなどの心遣いも嬉しい。
家族連れで立ち寄るのもいいな。
駐車場があるのも便利。
この時期、梨もぎのついでにいかがかと(笑)

Photo_7

で、そのあとは向ヶ丘遊園のスタジオ
クラウドナイン」にてバンド練習。
名曲は誰がやっても名曲・・・か?

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

初代けいすけのピリ辛冷し担々麺

今さらながら夏季限定その2。

初代けいすけ@本郷三丁目。
向かいの東大が夏休みのうちに何度か行っておこうと思ってたのだけど、
暑さゆえか足が遠のき、すでに9月。
でもまだ学生の姿はまばらで普段よりは客も少なめか。
なんて言ってるうちに席が埋まっていくわけなんですが。
相変わらずの人気です。

Photo_7

で、実は夏季限定があったのでした。
ピリ辛冷し担々麺 900円。

Photo_8

麺にはごまのたれがあらかじめまぶしてあります。
これだけでもけっこううまい。

Photo_9

ややとろみをつけたそぼろあんは、ジャージャー麺風。

Photo_10

大ぶりにカットしたしいたけなんぞがゴロッと。

Photo_11

ああ、たまごとろーりの至福。

辛さは控えめで、非常に食べやすい味付けです。
黒味噌らーめんの攻撃性と比較すると、意外なほどやさしい。
花椒の刺激もないところに、それは担々麺としていかがなものか、と
異を唱える向きもありそうですが、まあこれはこれで。
でも、スパイシー度アップのオプションがあってもよかったかも。

Photo_12

ライス(無料)は、最後にそぼろあんと絡めようと思ったのですが
あんがほとんど麺のほうに絡んでなくなってしまい、
若干無理やりな感じのライスin。

優等生。
もう少し遊んでもいいんじゃない?
夏季限定なんだし。

Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

冷たいけど温かい ボニート・ボニートの冷やし

今さらながら夏季限定その1。

  Photo

Photo_4

脂分のないスープはそばつゆのごとくごくりごくり。

Photo_2

きりりと締められた麺の喉ごしもちゅるるん。

Photo_3

付属のゆずこしょうはチャーシューにトッピ激しくうまし。

ああ、仕事帰りのボニは心に染みるなぁ。
冷たいけど心は温まりますのだ。

Photo_5

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

凪@新宿ゴールデン街の夜はこれから

Photo_2

ある世代の方には特別な響きがあるであろう、新宿ゴールデン街。
以前は、現実と非現実の間の薄皮一枚のところにこびりついた垢のごとき
相当にディープな匂いを放っていましたが、
最近は若者向けの店舗も多く、非常に入りやすく・・・もないか。
相変わらずそこそこにディープです。

Photo

そんなゴールデン街にて営業中の「凪」。
「写真?オレね。きれいに撮ってねっ!じゃなくて」
「ラヲタ?あ、ラヲタはラヲタって言われたくないんだっけ?」
生田店主による「オカマちゃんのボケツッコミ」的なやりとりが
ゴールデン街チックな夜を演出します。

らぁめん並700円を注文。
「トッピングはいらないの?」
「餃子も自慢なんだけどな」
すいません、先に別の店で食べてまして・・・。
「ラヲタは連食が基本だね」
いやその、ラヲタでは・・・。
などと言ってるうちに登場。

Photo_3

醤油の立ったところにこれまた強烈に煮干しが襲いかかるスープ。
不揃いでもちもちっとした自家製の太麺がかなりいけます。
「麺は自信作なんだけどね。スープはまだまだ研究中だよ」
ふむ。これはこれで非常に好みなのだが、醤油とだしが喧嘩しているふしもあり。
かといって下手に和解しても面白みはなく、
程よい緊張感を保ちつつ融合を図るというのが難しいのでしょうな。

P1030722

などと分かったようなことを考えている間にも、
生田劇場は開催中。
ゴールデン街の夜は長い。

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »