« 禁断症状をボニで癒す ボニート・ボニート@武蔵小山 | トップページ | 広島のトラウマは払拭できたのか とんがらし@不動前 »

天然コケッコー

よーするに、緊張と弛緩の問題なのだ。
片田舎のささやかな日常、なんていう映画を撮ろうとする者の多くは、
ただ単に田舎をゆるーく描こうとして、あえなく失敗する。
なぜなら、そこには弛緩しかないから。
それは、ひたすら退屈なだけだから。
大事なのは、些細な出来事の中に巧妙に緊張を織り込んでいくこと。
その際、緊張が目立ちすぎてもいけない。
そうなったら、すでに「片田舎のささやかな日常」ではない。
そんな緊張と弛緩の絶妙のバランスの上に立っているのが
「天然コケッコー」という映画だ。
弛緩は緊張にふくらみを与え、
緊張は弛緩にメリハリを与える。
画面の中の全ての空間、全ての時間が、とても愛おしかった。

脚本・渡辺あや
この人、なんて巧いんだろう。
今、脚本の実力日本一と言っても過言ではない。
本当に巧い。
猛烈に嫉妬する。

|
|

« 禁断症状をボニで癒す ボニート・ボニート@武蔵小山 | トップページ | 広島のトラウマは払拭できたのか とんがらし@不動前 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199412/41356940

この記事へのトラックバック一覧です: 天然コケッコー:

« 禁断症状をボニで癒す ボニート・ボニート@武蔵小山 | トップページ | 広島のトラウマは払拭できたのか とんがらし@不動前 »