« 二郎生活25年の思いに自滅する ラーメン二郎@三田本店 | トップページ | パビリオン山椒魚 »

昭和は遠くなりにけり

高校時代の友人と久しぶりに再会した。
渋谷のとある飲み屋で待ち合わせ。
席に通されて最初に私の目に入ってきたのは
当時より30キロ太ったというMくんで、
思わず「お前誰だよ!」とツッコミ入れた。

みなそれぞれに齢を重ね、
それぞれにいろいろと背負って生きているわけだが、
なんか根っこの部分は何も変わってないなぁ。
それが面白いし、嬉しかった。

9時過ぎに店を出て次を探すが、金曜のこの時間はどこも満席。
開いてたのは・・・「王将」。
高校時代にはよく利用した居酒屋だ。
最初は今さら王将かぁ、という感じではあったのだが、
いざ大広間の座敷に通されてみれば、
なんだか「コンパ」だよね、懐かしいなぁ、と。
昔話に花が咲く。
昭和の話だ。

12時過ぎに電車を降りると、小腹が空いた感あり。
帰り道にほど近い、環八沿いの「さつまっ子」へ。
タクシーやトラックの運転手に、ちらほら若者が混じる。
深夜でもなかなかの賑わいだ。
最近はトンコツでも素材の味をガツンガツンと
やたらと効かせまくった味が主流だが、
この店の、今となってはあっさりとも言えるトンコツ醤油は
懐かしくもあり、かえって新鮮でもあり。
昭和の味だ。
たぶん、これからも変わらないのだろう。
それでいいと思う。

|
|

« 二郎生活25年の思いに自滅する ラーメン二郎@三田本店 | トップページ | パビリオン山椒魚 »

ラーメン」カテゴリの記事

地域(大田区)」カテゴリの記事

地域(渋谷区)」カテゴリの記事

飲み屋・夜ごはん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199412/40063409

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和は遠くなりにけり:

« 二郎生活25年の思いに自滅する ラーメン二郎@三田本店 | トップページ | パビリオン山椒魚 »