« 汁のあるのが欲しかったので婆娑羅@大岡山 | トップページ | 麺の流刑地、インドは遠かった »

つけ麺屋やすべえでつけ麺を食べない

つけ麺って、あまり食べないんですよね。
もともとつけ麺=酢が利いてる、というのがあって、
酢が得意ではない私としては遠慮がち。
それから、麺をつけているうちにぬるくなっていくつけ汁と、
そこに浮かぶ脂の感じがどうも苦手で。
酢が利いてないのもある、あつ盛りもできる
というのは分かってますが、未だになんとなく。

なもんで、つけ麺が自慢の店でもつけ麺頼まないことが多い。
六厘舎でもつけ麺は未食だし。
さすがに次回行くときは食べようと思ってますけど。

つけ麺屋やすべえは、渋谷で一度。
そのときはつけ麺食べてます。
つけ麺以外のメニュー頼んでる人がいなくて
さすがに気後れしまして。
まあ、悪くないけど、やっぱり最後ぬるいなぁと。

水道橋のやすべえも存在は知っていて、
いつかはラーメンを、と思ってたのですが、
常にかなりの行列なのでずっとパスしてました。
それが、金曜日は待ちが3人。
これならいけるか、と思ったら、店内に7~8人いる。
でも、回転は早そうなので並んでみます。
注文は「醤油らーめん」で。

待ちはどんどんさばけていきます。
席に着くとすぐに丼が出てくる。
このオペレーションは凄いなぁ。
結局、私が10人待ちの状態から食べ始めるまで、
わずか5~6分のことでした。これは驚き。

味は大勝軒チックというか。
このままだとぼんやりしてパンチに欠けます。
つけ麺のときもそうだったかなぁ。
ラーメンにするとそうなるのか。
カウンターに置いてある「削り節」を加えたら、
ちょうどいい感じになりました。
麺は普通盛りでもかなりのボリューム。
食べ応えがありました。
つけ麺だとさらりといける量なんだろうけど、
汁の問題なのか、気持ちの問題なのか、不思議。

|
|

« 汁のあるのが欲しかったので婆娑羅@大岡山 | トップページ | 麺の流刑地、インドは遠かった »

ラーメン」カテゴリの記事

地域(千代田区)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199412/13885249

この記事へのトラックバック一覧です: つけ麺屋やすべえでつけ麺を食べない:

« 汁のあるのが欲しかったので婆娑羅@大岡山 | トップページ | 麺の流刑地、インドは遠かった »