« 神勢@本郷三丁目の特製らーめん | トップページ | 汁のあるのが欲しかったので婆娑羅@大岡山 »

花月の期間限定「麺屋小次郎」

2月7日(水)からの限定、木曜日に食べてきました。
「天下無双の麺 麺屋小次郎」680円。

もう、パクリだのなんだのと野暮なことは言うまい。
むしろ、商品名によってあの店より劣る存在だと表明する
その謙虚さを褒め讃えようではありませんか!

カウンターに置いてある冊子を見れば、
先行試食をしたという大御所3人(O崎さん、K林さん、Hんつさん)
のコメントが載ってまして、
本当は他に言いたいことあるだろうに、みんなオトナだなぁ。
どうせなら本家本元の大将に試食してもらえばよかったのに。
なんてことを考えつつ出来上がりを待ちます。
そして厨房を見れば、限定品では毎度おなじみの
レトルトパックのスープの素を丼に入れた後に
お湯を注ぐという光景に心が萎えます。

結局のところ、あの店のあの味をどれだけうまくパクれているか、
というポイントで見ていたのですが、
スープの味は、ちょっと意外な感じです。
似せようとしたのに似なかったのか、意図して外したのか、
よく分からないところですが、
節系のだしは、あちらよりずっと粗野な感じがします。
ただし、あちらのがより上品というだけで、
粗野が悪いというわけではなく。そういう持ち味と見たい。
しかし、本当にさんまなのかなぁ。
そして、たれがかなり甘め。
一口飲んだ第一印象は、「錦松梅」をお湯で溶かしたみたい。
でもこの味は、カウンターに置かれた「壺ニラ」には
よく合うと思う。そういう狙いがあるのか?
エビ油は使っているようだが、印象には残らず。
まぁ、いずれにしろあちらの味とは違う。
それに比べ麺はよく似せてあり、あちらの麺っぽい。
チャーシューは通常のものとは違うこのラーメン専用で、
これはわりとうまい。

花月の限定は、いつもそこそこの味を出してきて感心しますが、
今回もまた、そこそこの味でした。

|
|

« 神勢@本郷三丁目の特製らーめん | トップページ | 汁のあるのが欲しかったので婆娑羅@大岡山 »

ラーメン」カテゴリの記事

地域(文京区)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199412/13885152

この記事へのトラックバック一覧です: 花月の期間限定「麺屋小次郎」:

» 花月(川口) [ライダーのラーメンと共にある日々]
訪問日=3月15日(木) 曇り メニュー=麺屋小次郎 酒を飲み、地元に着くと日付 [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 20時47分

« 神勢@本郷三丁目の特製らーめん | トップページ | 汁のあるのが欲しかったので婆娑羅@大岡山 »