北島秀一さんのこと

9月になり、カレンダーは今日から秋だよと我々に告げますが、 いきなりそんなことを...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラーメン二郎目黒店

メグジの厨房には、いつでも使えるよう、塩が用意されている。 その用途については、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

旨辛ちゃんぽん 豆点@自由が丘

20140224_224315

ラーメン店の数だけはどんどん増加しているものの
相変わらず自由が丘は「ラーメン不毛の地」である

私の中でその評価は変わらないままなのですが
とはいえ希望の光のようなものが見えなくもないわけで

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

塩ラーメン べんてん@高田馬場

P6205825

人は愚かなので、大切なものが失われると知って
はじめてことの重大さに気付いたりします。

それから慌てて長蛇の列に身を置き
3時間半も待ち続けたりするのです。

ぎらぎらとした日差しに肌を焦がしながら
神田川のせせらぎに耳を傾けながら

それこそ時間はたくさんあるものですから
ああでもないこうでもないと、考えるのです。

P6205827

思えば、かつての私はガッチガチの
二郎原理主義者と言ってよいほどの愚か者だったので

熱狂的なファンのいるべんてんとかいう店?
ふん、二郎だよ二郎、べんてんがどうした、などと

全く以って意味のないこだわりを振りかざしては
己の偏狭さに気付くこともなく

あるとき、まあ食ってやるかぐらいの気持ちで立ち寄ると
私のような愚か者に目の覚めるような往復ビンタ

P6205824

いやいや本当はもっとやさしく
そんなに意地張ってると、肩こらないかい?と

言い含めるような珠玉の一杯
本当に目が覚めました。

それ以来私は、むしろ以前よりも二郎を食べてるという
お前はいったい何を聞いていたのだという展開ですが

それはつまり、無理してバランス考えることなどせずに
心の命ずるままの一杯を心がけているからで

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

普通盛ニンニク少し 麺屋鳳@吉祥寺

20140430_194325

二郎が二郎であるがゆえのアドバンテージなんて
もうないんじゃないの?って話を続けますが

吉祥寺と三鷹の間のびみょーな立地にオープンしたこの店
一応開店当初から存在は知ってはいたものの

でも「歌舞伎町出身」なんでしょ?それは、ねえ奥様ほほほ
などと吉祥寺マダムの間では持ちきりで

とは言わずとも、歌舞伎町はどうかなぁと
様子見を決め込んでいたところ

各所から絶賛の声が雨あられ
どんなに重い腰でもそりゃ上げるってもんでしょう

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

辛ミートメン並 ラーメンいつき@京急蒲田

20140407_221035

二郎は二郎であるというだけで
他の二郎のようなラーメンたちとは違うのです

などと言っていられた時代が懐かしくもあり
もうね、本当に侮れないですよ

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

汁なしピリ辛麺 ラーメン二郎環七新代田店

20140415_212513


この前環七新代田店を訪れたのは、もう記憶のはるか彼方。
一度行ったという事実だけ覚えてるという状態なので

黄色い庇を見ても、雑然とした店内を眺めまわしても
もしこれが初めてだったなら、ふーんこうなっているんだと

それなりの感慨も湧いてきそうなもんですが
いや実際のところそんな感慨が湧いてきていたのですが

二度目であるという事実が無理やりその感慨を押し止めつつの
なにやらぎくしゃくした体での入店と相成りまして

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

おじさんとどろぼう

あるまちに、いつもほがらかなおじさんがいました。 おじさんのわらいがおにつられて...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ラーメン富士丸神谷本店@王子神谷

Dsc_4745

私の中でラーメン富士丸神谷本店といえば
いや、旧ラーメン二郎赤羽店といえば

忘れようとしても忘れられないあの夏の日
いや実は何の用事だったかは忘れたのですが

炎天下にさんざん歩き回った後訪れたこの店で
肉体的ダメージを過小評価した私は

人生で初めて、二郎でギブアップを喫するという
恥辱、屈辱、うちの親にも三田の親父にも顔向けできない

その後長期に渡って二郎ボリューム恐怖症に陥り
「麺少なめ」注文に踏み切ることで脱出を図るという

私と二郎の間に横たわる、暗黒の歴史
それはこの店が二郎を抜けたから解消する、わけでもなく

ですが、今夜、今夜こそ
その暗黒の歴史に終止符が打たれると

ところで私、前述の通り「麺少なめ」を覚えて以来
もう若くないさと君に言い訳しながら

「麺少なめ」と唱え続けて幾年月
それがなぜか今頃になって、往時の胃袋が復活

「麺少なめ」に別れを告げるという
誰得な展開を見せておりまして

リベンジいつやるの、今でしょ的な流れで
意を決して、十数年ぶりにお邪魔します

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

鶏塩海老わんたん麺 麺や藤井@牛込神楽坂

Dsc_4703

ここですか?
ここ入るのですか?

Dsc_4705

ありました
ありましたけど

Dsc_4706

神楽坂にある飲み屋の間借りでランチのみ
当初は火金営業、最近は他の曜日も不定期で

たまたま職場が近いのでアレですが
ずいぶんと敷居高いアレですな

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

«ラーメン二郎 西台店